パシフィック・リムのネタバレ?芦田愛菜が消えた理由がこの映画に。監督はギレルモ・デル・トロ

 

日本のアニメや特撮文化に深い理解がある鬼才ギレルモ・デル・トロ監督の最新作
「パシフィック・リム」の映像がこれまた凄くて見応え最高の一言です。


 
この映画はズバリ、怪獣vsロボットの大決戦映画です。

大まかな話の流れとしては、

太平洋の深海から突如出現した謎の怪獣により、
世界中の大都市が破壊され、人類は滅亡の危機に陥る。
人類は人型巨大ロボット兵器「イェーガー」を開発し怪獣に挑み
人類の存亡をかけた戦いが始まる・・・

というストーリーになります。

さすが「日本アニメオタクとして有名なギレルモ・デル・トロ監督なだけあり、
怪獣はゴジラ、対怪獣ロボット「イェーガー」はエヴァンゲリオンに非常に
よく似ています。

と言うよりも、

・怪獣が深海から登場する場面
(ゴジラが深海から登場するシーンとそっくり)

・「イェーガー」パイロットのスーツ
(エヴァのプラグスーツとよく似ている)

・「イェーガー」の操作方法はパイロット2人が神経接続しロボットを操作をする。
(神経接続で操作するエヴァの操作方法と同じ)

・パイロット2人は記憶を共有しながらロボットを操作をする。
(シンジ、レイ、アスカの対立や協力関係と似ている?)

などなど、ゴジラやエヴァとそっくりの設定がたくさんあります。

だだし予告編映像を見れば分かりますが、「パシフィック・リム」は
安易なパクリ映画ということでは全くありません。

むしろ純粋に日本アニメが好きでないと描けない場面や構図が
ていねいに描かれており、従来のゴジラ・エヴァンゲリオンファンが見ると、
ニヤッとしてしまうことは間違いないでしょう。、

また「パシフィック・リム」は日本人俳優として、
菊池凛子や芦田愛菜ちゃんが出演しているのも見どころです。

日本のメカロボットと怪獣映画が大好きな主要人物
「モリ・マコ」の幼少時代が芦田愛菜。
そして成長した姿が菊池凛子とのことです。

余談ですが、芦田愛菜ちゃんは最近急にテレビで見なくなりましたが、
その直接的な理由が「パシフィック・リム」に出演するためのようです。

一時期は露出が多すぎたためか視聴者に飽きられ気味で、
CM出演料が最高2500万円から1500万円まで落ちたと
言われました。

そこで次へのステップアップを図り、愛菜ちゃんは「パシフィック・リム」
のオーディションに英語で挑み、見事選ばれた様です。

もちろん日本の売れっ子子役を起用することへの、
本映画の興行上の目的もあるのでしょう。

しかしそれだけで、映画の重要な役を得られるほどハリウッドは甘くありません。
さすが愛菜ちゃんですね。演技が楽しみです。

日本公開は8月9日(金)になります。

 

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ