ロレックスやオメガを買うときは正規品と並行輸入品のどちらが良いのか?

 

ロレックスやオメガを購入するときに悩むのが、正規品と並行輸入品どちらを購入するかです。

ロレックスの場合もオメガの場合も、それぞれのデリット・デメリットがありますので、詳しく紹介します。

 

時計における正規品とは?

正規品とは、海外のメーカーから日本の正規代理店が輸入を行った商品を、正規販売店が仕入れ、販売する商品のことです。

正規品は、『海外のメーカー⇒日本の正規代理店⇒正規品販売店』 と販売ルートがしっかりしていますので、偽物が紛れ込む余地はありません。

また修理対応なども、日本の代理店が対応を行う際に正規品割引が適用されたり保証が適用されたりとメンテナンス面で有利な対応をしてもらえることが一般的です。

ただし、正規品の販売価格は『定価』なために、値崩れがしにくく割高感があります。マイナーなブランドの中には、正規品が並行輸入品に比べ2倍の価格で販売されている事もあります。

 

時計における並行輸入品とは?

これに対して並行輸入品とは、日本のお店が独自に海外ディーラーなどから購入(輸入)した商品になります。

並行輸入品のメリットは、正規品よりも価格が安いことです。

ただし、デメリットなのが修理・メンテナンス面です。対応は、購入店のサポートに依存しますので、正規品に比べて不利になるのが一般的です。

特にマイナーな時計については、オーバーホールにおける正規品と並行輸入品の違いは大きく、ブライトリングやアランシルベスタインといった時計ブランドなどは、正規品と並行品のオーバーホール代金が違いますし、フランクミュラーに至っては並行輸入品は修理すら受付けてもらえないという並行差別問題があります。

また、並行輸入品には常に偽物の不安がつきまといます。

日本の場合は、時計や靴などのアイテムは、香港のディーラーなどから購入するケースが多いですが、もちろん偽物が混入する危険はゼロではないので、販売店のバイヤーの目利きが要求されます。

それでは、ロレックスやオメガは、正規品と並行輸入品のどちらを購入すればよいのでしょうか?

 

オメガを購入する場合は基本は並行輸入品でOK!

オメガを製造・販売するスウォッチグループは、スイスを代表する巨大企業ですので、日本の代理店スウォッチグループジャパン(SGJ)は完全子会社です。

そのため、スウォッチグループジャパンでは、修理対応時に並行差別があるといった事はありません

並行輸入品は正規品と同等の価格でサポートを受けられます。

 

⇒オメガのオーバーホール!費用を安くするコツやメーカー正規修理のメリット・デメリットを解説!

 

ですので、基本的にオメガは正規品よりも、価格が安い並行輸入品を購入した方がお得と言えます。

ただし注意するべき点が2点あります。

 

  1. 信用のおける店で購入すること
  2. ギャランティカードの日付ができるだけ新しい時計を購入すること

 

1. の信用のおける店で購入することについては、もちろん偽物を購入するリスクを減らすためです。

ビックカメラ・ヨドバシカメラなどの家電量販店や、ジャックロード、かめ吉などの販売店はメジャーなのでまず購入するオメガが偽物という心配はありません。

また、2. の点についてですが、オメガを購入すると3枚のギャランティカードが付属します。

正規品を購入するとハガキで請求して後日郵送されてくるのですが、もちろん並行輸入品にも3枚のギャランティカードが付属します。

そのうちの1枚のオメガの国際保証書には、正規品の場合はオーナーが購入した日付が記載されています。

これに対して、並行輸入品のオメガを購入した場合は、販売店に商品を卸しているバイヤーが海外で店舗より購入した日付が記載されています。

並行輸入品の国際保証書の日付は、購入時にはだいたい数ヶ月程度は経過していますので、それだけ正規品に比べて並行輸入品は保証期間を受けられる時間が短くなります。

オメガは通常2年、コーアクシャル機構の時計は3年間保証が有効ですので、自分の購入するオメガの並行輸入品は保証日がどれくらい残っているかを確認する事が大切です。

しかし、保証期間が多少短くなっても、オメガの並行品は正規品よりも割安ですし、ヨドバシカメラなどの家電量販店でオメガを購入するとかなり安く購入できてポイントもついてきます。

オーバーホール1〜数回分の金額ですので、結納返しなどで購入しない限り、やはりオメガは正規品より並行輸入品を購入するほうがお得と言えるのではないでしょうか。

 

ロレックスの場合はむしろ並行輸入品の方が良い?

ロレックスの場合も、オメガと同じように並行輸入品への並行差別はありませんので、正規品も並行輸入品もオーバーホールの価格に差がありません

例え質屋で購入した中古品で保証書が付属しなくても、本物ならば日本ロレックスは、平等に修理対応してくれます。

そういった意味で日本ロレックスの対応は、ユーザーにとても良心的と言えます。

 

⇒ロレックスのオーバーホールを日本ロレックスに依頼するメリット・デメリットとその依頼方法

 

ロレックスの正規品を購入する際のメリットとして、

  • 裏蓋に、日本ロレックス正規品を証明する緑のシールが貼られていること
  • ギャランティカードにユーザーの個人名が記載される点

などがあげられます。

ただし、裏蓋にシールを貼ったまま使用するとサビ等の原因になるため、ロレックスではユーザーに使用開始時に剥がすことを求めています。

また、ロレックスが発行するギャランティカードに個人名が記載される点ですが、数年後にロレックスを買取に出す際にむしろマイナス査定となる可能性があります

何故かと言うと、再販売時にロレックスを買取った業者は、個人情報保護の観点から、ギャランティカードの個人名を塗りつぶしてロレックスを売却する必要があるからです。

それ以前に、そのまま前のユーザーの個人名が記載されたギャランティカードは新しいオーナーにとって嫌ですからね。

並行輸入品のギャランティカードは、スタンプのみで、オーナーの名前は記載されません。

いずれにせよ、正規品は並行輸入品に比べてギャランティカードを付属品とみなされず、買取時にマイナス査定の原因となる可能性があります。

 

そうなると、

裏蓋の正規品を示す緑のシール、ギャランティカードに自分の名前が記載されるロレックス正規品と、

価格や安いことや、買取時に有利になる可能性がある並行輸入品・・・

 

以上を比較すると、ロレックスを購入する場合は並行輸入品にした方がメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。

 

終わりに

今回はロレックスやオメガを購入する際に、正規品と並行輸入品どちらを買うべきかについてとりあげてみました。

結論は、オメガは並行輸入品でOK、ロレックスは並行輸入品のがむしろメリットが大きいということでした。

 

ただしこれらの結果は、ロレックスやオメガを販売するスウォッチグループが規模も大きく、日本代理店も子会社だから言えることです。

例えば、フランクミュラーの日本の代理店は、過去にタグホイヤーの代理店などもしていた、老舗のワールド通商ですが、フランクミュラーの子会社ではありませんので、正規品のフランクミュラーを購入してもらうことで収益を得ています。

もちろん、日本におけるフランクミュラーのサポートやマーケティング費用などは、ワールド通商持ちです。

日本でフランクミュラーがこれだけ人気となったのも、長年高級腕時計の日本代理店をしてきたワールド通商のマーケティングによる所も大きかったはずです。

従ってオメガやロレックスが良心的で、並行輸入品のサポートをしないフランクミュラーが非良心的なブランドとは一概に言えません。

ロレックスやオメガ以外のブランド時計を購入する際は、代理店のサポート体制がどうなのかに注意して下さいね。

ご参考になれば幸いです。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ