目の下のクマに悩んでませんか?その原因と対策とは?

 

朝起きて鏡を見てみると、目の下に大きなクマに気がついて

途方に暮れることありますよね。

 

クマは老けて見える原因ですので、

ぜひともおさらばしたい厄介者です。

 

クマの原因解消法についてまとめましたので、

参考になれば幸いです。

クマ対策には疲れ目を解消

 

目の下のクマは3種類ある

目の下のクマは3種類に分類されます。

クマの種類によって原因と対策が変わってきます。

あなたはどれにあてはまりますか?

 

・青クマ・・・疲れ目

・茶クマ・・・色素沈着

・黒クマ・・・加齢やたるみ

 

青クマの原因と対策は?

原因

目の下の皮膚って、体の皮膚の中でもとても薄く、

0.6ミリ・卵の薄皮程度の厚みしかありません。

 

そのため目の下の部分は、

張り巡らされた毛細血管の色が常に透け透けです。

 

疲労や、ドライアイなどで、血行不良が起こり

血液が黒ずんでいたりしたら、見事な青くま君の完成です。

 

対策

クマの原因となっている血行を正常化させることがポイントです。

 

・温冷タオルで血流を良くする

・目元をマッサージ

・保湿をする

・適度な睡眠をとる

 

などになります。

疲れ目に基本的な内容ばかりですが、青クマ君は比較的取れやすいので、

しっかり対策すればその分効果は高まりますよ。

眼の下のクマ対策は睡眠をしっかりとることが1番

 

茶クマの原因と対策は?

原因

目の周りの皮膚が薄いため、刺激や摩擦が重なって炎症を起こし、

それがメラニンを活発化させて、茶色クマに変化してしまうのです。

 

・紫外線対策を十分行なっていない

・メイク落としやマッサージで、目のまわりを過剰に刺激する

・目をこする癖があり常に刺激がある

などが主な原因となります。

茶クマは気がつかない内に、自分で作ってしまうのでショックですよね。

 

対策

色素を取るために、刺激を加えないことが何よりの対策です。

また、潤いを与え、疲れ目対策をすることで、

新陳代謝を活発にさせ、メラニンを追い出してしまいましょう。

 

1. 紫外線対策はしっかり

しっかりとしたUVケアでメラニンを増やさないことが大切です。

 

2. アイメイク落としは、コットンを使うなどして低刺激で

メイク落としでこすらない方法として、コットンにクレンジングを

含ませ落とすことを試してみて下さい。

 

3.目元の保湿を大切にする

保湿対策は、無意識に目元を擦らない様にさせることと、

新陳代謝を活発にさせることでとても大切です。

 

また、ビタミンC誘導体の化粧水の目元パック

試す価値があるかと思います。

 

4.やはり疲れ目対策は大切

新陳代謝を促すためには、やはり疲れ目対策が大切です。

上記の青クマ対策を参考になさって下さい。

茶クマ対策は目元に刺激を加えない

 

黒クマの原因と対策は?

原因

黒クマは別名、影クマともいいます。

元々の骨格、目元の脂肪のつきかた、

あるいは加齢などによる皮膚のたるみなどで

現われる影が黒いクマに見えてしまうからなんです。

 

若い人でも悩む人はいますが、

やはり黒クマに悩むのは加齢の影響が出やすい

40代以降の方が多いです。

 

対策

美容外科医のサイトを見ると

「黒クマは美容施術以外で消すことはできません!」と言っています。

確かにヒアルロン注射が手っ取り早い対策かもしれません。

 

しかし、疲れ目、保湿対策、顔の筋肉を動かすことを意識することは、

皮膚のしわやたるみ対策になりますので、やってみる価値はあると思います。

まずは、手軽にできるこれらの対策で、普段からこまめにケアできるといいですね。

 

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ