スカイツリー周辺で宿泊するならどこ? 浅草から徒歩で行く写真撮影スポットや混雑回避のおすすめ方法も紹介!

 

東京スカイツリー観光での宿泊地や、

オススメ写真スポットなどを紹介します。

 

1泊2日で東京スカイツリー観光に来たつもりで、

予定をたてて見ましたので、ご参考になれば幸いです。

スカイツリーパノラマ

 

スカイツリー・ソラマチ観光はぜひ午前中に!!

スカイツリーは休日は大変混みますので、

できれば午前中にツリー展望台・ソラマチ観光を

済ませることをおすすめします。

 

連休中の午後12時以降なんて、地獄絵図になり、

気持ち悪くなる人が続出します。

 

そのため、前日に宿泊して、

翌朝スカイツリー観光に行ったほうが良いです。

 

前日の宿泊地のオススメは?

スカイツリー周辺は宿泊施設がほとんどありませんので

浅草・両国・錦糸町などの近場に宿をとる必要があります。

 

ところが、両国は江戸東京博物館・国技館しか

大きな見どころはないですし、錦糸町は宿泊施設はたくさんありますが、

ミニ歌舞伎町と言われる位ですので、観光地ではありません。

 

そこで、前日の宿泊地として、1番のオススメは浅草になります。

浅草は宿泊施設もたくさんありますし、

浅草に着いて宿に荷物を置いたら、そのまま浅草観光に出られます。

 

見どころは浅草寺を始めたくさんありますし、うなぎ・どじょう・そば

すきやきなど、、、美味しい店にも事欠きません。

 

浅草で食事を終えたら、夜の浅草寺でスカイツリーを見て下さい。

ライトアップされた夜の浅草寺境内とスカイツリーとの

組み合わせは、とても幻想的です。

この写真をとるだけでも、浅草による泊る価値はあります!

 

スカイツリー 浅草寺夜の境内

スカイツリー 浅草寺夜の境内

浅草からスカイツリーは早朝、徒歩での移動がオススメ!

浅草からスカイツリーへの移動は、

何と言っても早朝に徒歩での移動がオススメです。

浅草から押上まで徒歩30分ほどかかりますが、

途中の道は下町情緒たっぷりですよ。

 

スカイツリー展望台は8時、ソラマチはフロアにもよりますが、

だいたい10時ごろから営業を開始します。

 

展望台見学の所要時間は、

天望デッキまでの見学なら40~60分程度

天望回廊まで登るなら90~120分程度かかります。

 

したがって天望回廊まで登ることを考えれば、

午前8時台には浅草のホテルを出たいところです。

 

浅草からスカイツリーまで徒歩での移動中は、
写真撮影スポットがたくさん!!

浅草から押上まで、歩いて行くにしたがって、

小さいスカイツリーがだんだん大きく迫力のある姿に

なっていく姿はとても感動します。

これは、徒歩ではないと味わえない感覚なので、ぜひおすすめします。

大きな地図で見る

 

はじめは、吾妻橋を越えた所にある、有名なう○こビルですね。

浅草から吾妻橋を通って、アサヒビールタワー・通称う○こビルの下を通ったら、

後はスカイツリーに向けて歩いていけば、道に迷うことなく簡単にたどり着けます。

スカイツリー 吾妻橋からの撮影(アサヒビールビル)

スカイツリー 吾妻橋からの撮影(アサヒビールビル)

 

途中の源森橋あたりでの撮影です。

少しスカイツリーが大きくなってきました。

スカイツリー 源森橋からからの撮影

スカイツリー 源森橋からからの撮影

業平橋から見下ろす大横川親水公園にある鏡です。

こちらも、欠かせない写真スポットです。

台東区役所HPより引用

スカイツリーが映る鏡 (台東区役所HPより引用)


大きな地図で見る

 

ソラマチ下まで来ると、スカイツリーがここまで大きくなります。

スカイツリー ソラマチ下

浅草から、東京スカイツリーの写真撮影スポットは以上です。

いかがでしたか?

 

スカイツリー展望台・ソラマチで買い物、ランチを済ませたら、

スカイツリー周辺は何もありませんので、押上駅で電車に乗り、

次の目的地に向かった方がよいかもしれません。

午後は、押上から、浅草経由で銀座線沿線の

上野・銀座・表参道・渋谷辺りを回るのが、

良いかと思います。

 

また、東京駅北口の丸ビル・新丸ビルも、

押上から大手町(東京駅)へ半蔵門線で直通ですので、

早く自宅に帰りたい場合は、良いかもしれません。

 

浅草・東京スカイツリー周辺は東京の下町の風情を

味わえる貴重な場所ですので、ぜひ楽しんで下さいね。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ